無線でもしっかり防犯対策ができる!

導入で安心実現|ネットワークカメラでどこでもCHECK

役割と進歩

作業員

店舗の監視役となる監視カメラ。昔よりも進歩を続け、今では高解像度での映像保存や耐用年数の向上が実現し、よりお得に設置が行えるようになっています。適切な工事やメンテナンスで更に長く使うことが可能です。

Read More..

某他藩対策としてのカメラ

男性

通信技術の向上

防犯対策としてカメラを導入する事例はポピュラーですが、その防犯カメラにもニーズに合わせた様々な種類が存在しています。よく知られている種類の防犯カメラは、店舗で設置されているような録画装置と連動した防犯カメラを連想します。ネットワークカメラと通常の防犯カメラ・監視カメラの違いは、遠隔地でも動画を見る事が可能になっている点です。通常の防犯カメラは、店舗内の録画装置を通して動画を見る事ができますが、ネットワークカメラはインターネット通信を介してPC、携帯電話といった端末から見る事が可能になっています。通信速度の高速化、大容量化といった通信技術の進歩によってもたらされました。

利便性と人気

ネットワークカメラの便利な点は総合的な経費でみると低コストを実現できる点と、どこでも動画の確認が出来る即応性、見ている人がカメラの首振り操作を行える点にあるといえます。ネットワークカメラは特殊な再生機器が不要で、近年ではインターネットに関する設定が不要な機器が登場しており、高額になりがちだった工事費を抑える事ができます。また、通常の防犯カメラはカメラの接続数が増えると、録画装置もカメラの数に合わせて導入数を調整する必要がありました。ネットワークカメラではネットワーク上で管理を行っている為、ネットワークカメラの数が増えても柔軟に対応する事ができます。更に、インターネット上でライブ配信が行なえる為、映像媒体に通信機器の接続が必要ないという所もネットワークカメラの利便性向上に一役買っています。ネットワークカメラはこれらの利便性を持っているため、近年人気が高まっています。

更にお得な無線カメラ

ウーマン

防犯カメラには様々なものが登場していますが、無線通信を行なえるカメラも登場しています。ケーブル配置の必要が無いため、より低価格で利用する事も可能で、個人宅での導入にも人気のある製品です。

Read More..

カメラの入れ替えも低価格

防犯カメラ

無線通信やネットワークカメラといった様々なタイプの防犯カメラが存在していますが、既存のアナログシステムを利用してより高画質な防犯カメラに換装する事が出来るAHDカメラと呼ばれる防犯カメラも存在します。

Read More..